33才

がむしゃらに生きて 走りつづけたが
いつの間にかぼくも 今年33
すでに人生の 半分に来た
時の速さには かないはしない
でも弱気じゃない 弱気じゃないが
心が寒い
一人でつかむ 幸せなどない
愛の尊さが 愛の重さが やっと見えてきた
ぼくの 人生の あとの半分を
君と 一緒に 生きてゆきたい


作詞:なかにし礼
歌: 西城秀樹
サイコーだ、ヒデキ・・・・・・
[PR]
# by umezo-cyclista | 2009-10-05 22:05 | 日々

梅杯の告知

UMEZO-CUP 2009
カデル・エヴァンス世界選手権優勝記念大会

開催日:2009年10月25日 日曜日(予定)
開催場所:道志~山伏峠コース(予定)
参加資格:日常に忙殺され、練習不足なサイクリスト
       遅れた仲間を見捨てない男気のある方
集合場所:東京組-ニコタマAM8:00
  横浜町田組-町田の246の交差点
勝利特典:特になし
参加特典:特になし



f0088348_1051.jpg

「みんなの参加を待ってるゼ!」
※カデル・エヴァンス本人は参加しません。ご注意ください。
[PR]
# by umezo-cyclista | 2009-10-04 01:08 | ロード

Willkommen!!

連休、初日。
かねてより親交の厚い奈良の師がやってきた。

とはいうものの、風邪を引いたり、その風邪が家族に伝染ったりで3週間まともに走ってない。
とりあえず、前日に平地メインで70kmほど走っておく。
平地の巡航はなんとかできそうだ。

連休で伊勢湾岸道が混みそうなので、鞍が池近辺で待ち合わせすることにする。
そこまで25kmほど踏んでいく。
いい感じにアップ終了。
鞍が池近辺、のはずだった待ち合わせ。
なぜかうめぞは鞍が池PAに現れる。
パーキングエリアをうろうろする、ロード乗り。
かなり異様だ。
良い子はマネしちゃいけません。


合流して、足助は香嵐渓から発進。
巴川沿いに松平郷へ。
この15kmがペース速すぎた。
お互い、自分で落とすわけにはイカンという、変な遠慮?が。
そのまま山に突入。
ふた山越えるあいだに、今日もチーム光と遭遇。
思うに、あそこのチーム錬は必ず誰かが逃げてて、それを追っかけてるな。
そういう方針なんだな。

下山村からのフランドル区間は先頭交代をしながら快調に進む。
てか、このルートでこんな速いペースで走るの初めてだよ。
作手村から三河湖へのロンバルディア区間へ。
細かいアップダウンとクネクネを繰り返しながら、アタックをかけ合う。
かけ合うというか、うめぞがアタックもどきをかけて普通に付いてこられて、離される。
思うに、ここですでに売り切れだった。。。。
ダムの向こうから休憩ポイントまでの1km、ギア掛けてみた。
攣った。
見事に、攣った。ペダル踏めないくらい。
とりあえず、惰性で三河産ソーセージの店へ。
しばらく、ふくろはぎをほぐしつつ、ホットドッグを頂く。

再発進。
阿蔵までダラダラ登る。
売り切れた、残りかすでなんとか登る。
ホームコースなのに醜態晒して、恥ずかしいったらありゃしない。

f0088348_0572162.jpg

しかも、写真撮る余裕なく、某所から拝借。これも情けない。

阿蔵から、香嵐渓まで15km下りまくる。
これにて終了。
1周75km、まぁまぁですね。
改めて二人で走ると、「逃げ」の練習にはもってこいだと気づかされる。
いつもは、平地でタレるからねぇ。

で、香嵐渓でいつもの定食。

f0088348_185397.jpg

おふろ入って、自宅に案内。
娘は寝ぼけてて、若干反応が悪かった。

大変楽しく、かつ勉強になりました。

f0088348_1986.jpg

エラプロ最終形。
今回、頂いたものでお菓子よりも嬉しかったw

今度はご家族も一緒に泊まりでお越しください。
[PR]
# by umezo-cyclista | 2009-09-21 01:01 | ロード

orbea様
親切な情報ありがとうございます。
ところで、うめぞの関係者の方ですかね?
てっきり、
orbea様 = din-din虫様
だとばかり思っていたので。。。
知り合いの方でしたら、こっそり正体を教えてください。

DIVAもグラフィックが新しくなったようで。
でも、アップグレードはされてないんですかね?
重くてあまり開かないのでよくわからんです。
そもそもORCAとの違いは、ジオメトリー以外はなんでしょ??

BB30をアダプターを介すと、Qファクターは広くならないんでしょうか?
勉強不足でよくわからんです。。。
[PR]
# by umezo-cyclista | 2009-09-10 00:52 | ロード

イカス

たい焼きのように同じ型で違う商品を送り出す某メーカーに失望していた昨今
(実際には違う型みたいだけど)
久々に、物欲を著しくそそられる情報に出会った。

ORBEA ORCA 2010

f0088348_22211073.jpg


全体的にアップグレードされているみたい。
カーボン繊維が強化されていたり、フォーククラウン?が大径化されていたり。
評価の分かれるグラフィックだけど、うめぞは好きよ。
というか、先鋭的なデザインにグラフィックが追いついてなかったと思う、今までは。

思えば、ORCAという名前自体がデビューした時(イバン・マヨとかの頃ね)
当時の同僚が購入したので、サイズも近いし乗らさしてもらったのだが。
「まぁ、軽くていいっちゃいいけど。フォークが弱い」
というのがうめぞの評価だった。
(ちなみに某インプレで乗ったアルミモデルは無茶苦茶良かった。)

かつて、アルプデュエズSLなんていう超軽量フォークで失敗して以来、
うめぞの持論として
「フォークが弱いマシンは信用できない」
というのがある。
(今にして思うと、1インチでインテグラルじゃないカーボンフォークなんて良く出回ってたな)

それから時は流れ。
着々と技術革新は為され、完全に別物のORCAさんはインプレでも軒並み高評価を得るようになった。
というか、評判を聞くに
「もしかして、うめぞの脚質に適合するんじゃね?」
という妙な期待を抱くようになった。

で、今回のグラフィック一新である。

繰り返して言うが、賛否両論あるみたいだけど。
うめぞはマヂ好きです。
かなりビビっときた。

ジオメトリー的には、女性モデルのDIVAのほうだけど。

で、こっちの色で出た日にゃ、真剣にヤヴァいかも。

f0088348_22325177.jpg


でもBB30にシマノクランクって、どうやってつけるんだろ??
[PR]
# by umezo-cyclista | 2009-09-08 22:33 | ロード

アクティブリカバリー

なのか?

腰が痛いが、ジテツウで発進。
負荷をかけるとヤバそうなので、302号から平地メインで行く事にした。

途中、流していると後ろから変速の音が。
振り返ると、フォンドリエストに跨った半パン&メッセンジャーバックのエッセンジャースタイルの男性。
しばらく行って、ちょっとその走り方にムっときたので信号でひとこと。

「すみません。ヘルメットもなしで無言で後ろに付くのやめてもらえます?」

たぶん相手は本格的なロード乗りを追っかけていて機嫌がよかったのだろう。
笑っていたが、顔が凍りついていた。

無言で後ろに付かれると、気づかないのでサインを出さない。
そうすると、コトが起きた時、後ろから突っ込まれるハメになる。
それで、転倒しヘルメットなしで流血しようもんなら大変である。

「ヘルメット被らないのも、俺の勝手。事故って怪我するのも俺の勝手」
という奴もいる。
が、相手が流血してたら、救急車を呼ぶのはこの場合うめぞである。
はっきり言って大迷惑。そんなのをほっといて、行くわけにもいかない。人間として。

よくお客さんにいうのだが、
首の骨が折れるような事故ならヘルメット被っていてもいなくても、死にます。
でも、血を流すかどうかのラインは守ってくれます。

問題は、メッセンジャーをカッコイイと思ってる、エッセンジャースタイルの人間である。
京都辺りのメッセンジャーから流れてきたNYスタイルとかいう文化では
無法者的走り=カッコイイ
ヘルメットなし=イカス
みたいな風潮がある。
メッセンジャーを管理していた時代、よくこれでモメたもんだ。。。

あのシャア大佐も、一年戦争末期にアムロに額をカチ割られて
「ヘルメットがなければ即死だった」
と有名なせりふを残して以来、
グリプス戦役以降、ヘルメットを被るようになったというのに。

死にそうにならないと、わからないのかね?
とりあえず、人を巻き込むな。
[PR]
# by umezo-cyclista | 2009-08-25 00:18 | ロード

そうだ、乗鞍行こう

どういうわけか
日曜が休みだったので、高山までドライブすることにした。
乗鞍スカイラインの入り口まで行くと、やたら自転車乗りがいて

ツール・ド・あいち ヒルクライム乗鞍スカイライン

とかいうイベントだそうな。

どういうわけか
車の後部座席にロードが積んであったので、参加することにした。
(お気づきだとは思いますが、多少嘘が混じってます・・・)

朝4時に家を出て、7時に集合場所に到着。
自転車を出して、40分ほどローラーを踏む。
途中、初老の男性に
「小さくて、いいマシンだね~」
と話しかけられる。
体が小さいもんで、なんて受け答えをしていたら会話がおかしいことに気づく。
どうやら、向こうは自動車の話をしているらしい。
たしかに駐車場に集まっている車の中では、ダントツに小さい。

周りをみて脚色を伺うか、本気で走りそうなのは5人くらいか。
中でも、T-MobileカラーのGIANTで入念にアップをしているアスタナジャージがヤバそう。
うめぞの予感は的中し、このあと後発組でスタートしたこの方に、残り3km地点くらいでブチ抜かれる・・・。

なにを思ったか1番最初のグループでスタート。
他の9人の脚色を見るが、始めの8%でだいたい判る。
この中で相手になりそうなのは、二人くらいか。
って、なんで上から目線なんですかね。
久々のレースのくせに。

3km地点くらいで、二十歳の子に声をかけて後続を引き離す。
が、この二十歳が予想以上に脚があった。
若いから勢いで行ってるだけかなと思ったが、意外にタレず。
イーブンペースでじわじわいかれて、結局ゴールで3分差つけられた。

森林限界?で樹木がなくなってからかなりキツくなる。
肩と腰が痛い。
風も強い。
振り返ると、あぁやっぱりさっきのアスタナが来た。
何分差でスタートしたかわからないが、確実にうめぞより速い。
ゴール前数kmで抜かれる。
そのあと、アンカージャージの方にも抜かれる。
思えば、なんとかしてこの二人に喰らいつけばゴール前は楽だった。

結果、1時間37分でゴール。
心拍が179までしかいってないから、もうちょい行けたかも。
でも、心拍よりも腰と膝が限界だった。

ゴール後、アスタナの方とアンカーの方と話をして記念撮影。
寒いのでさっさと着替えて、下山。
お風呂に誘われたが、眠くなる恐れがあるのでそのまま帰ることにした。

3週間ガマンしたビールが旨かった。
真剣に楽しかった。
やっぱ、ヒルクライムのほうがいいかなぁ。





f0088348_19171043.jpg


あ、本格的なヒルクライムでもシャマルうーたーとゴムなしタイヤは最高でした。
回る回る。進む進む。
グリップしまくる。
[PR]
# by umezo-cyclista | 2009-08-23 19:17 | ロード

走る

今日は走る。

天候は曇り。コースは迷ったけど、足助ではなく最近のマイブームの瀬戸~土岐へ。

それほど気温も上がらず、いつもより消耗せず走れた。
三国山もいいペースで追い込み。

土岐川巡航もそこそこのリズムで。
定光寺の激坂もタレずに。
最後の302も、どフラットな区間は40km/hで巡航維持できた。
久々に100kmでやりきった感じ。

いま持っている体力で、コンディションは割といい。
と言っても絶対的に弱いけど。

帰って、シャワー浴びて飯食って。
マシン磨いて、準備完了。
[PR]
# by umezo-cyclista | 2009-08-21 18:50 | ロード

世界一周

擬似だけど。

走ろうかと思ったけど、なんか膝に違和感があるので大事を取って休養日にした。
で、せっかくなので家族サービス。
思い立って、犬山市のリトルワールドの行ってみた。

車で1時間。意外と近い。
お目当ては、当然ドイツ館ですよ。

バイエルン地方っぽい建物があってけっこう本物っぽい。
すごい、懐かしい。

で、うちの姫様はバイエルン地方の民族衣装をお召しになりまして。
f0088348_20523392.jpg


サイズ的にギリギリだけど、とってもラブリー。
多くの観光客から声を掛けられてました。
当然、一番撃沈してたのは親バカ二人組みですが・・・
なにか?w

ドイツビールも一杯売っていて楽しゅうございました。

また、秋のドイツビール祭りの時に来るかな?
どう?子持ちの皆さん?
いろんな民族衣装ありまっせ。
[PR]
# by umezo-cyclista | 2009-08-18 20:51 | 日々

曇り時々土砂降り

ゲリラ豪雨まではいかんが。

din-din虫さま
ベーコンはいかがでしたか?
近々また買出しに行ってきます。


ここ二週間ほど諸事情と天気でまともに乗ってなかったので、なんとか乗り出す。
今日も瀬戸~土岐方面へ。
川沿いでけっこう降られる。

80kmくらいあたりから、膝が痛み出す。
やっぱ、ほとんど乗ってないのに負荷をかけるとこうなるわな。

帰ってアイシング。そしてコレ装着。

ちょっと前から使ってるけど、いいんじゃないかなぁ。
立ち仕事がしんどい時や、運動後がけっこう楽。

100km


あっちでもこっちでも、芸能人はヤク中か。
[PR]
# by umezo-cyclista | 2009-08-07 21:06 | ロード