<   2006年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

練習

久っ々に支部長との練習。
支部長は先週、宮古島で鉄人になってきたばかりで体が鉄のように重いようだ。
一週間経っても疲れが抜けないとは、ロングのトライスロンって怖いね。

朝7時半スタート。今日は10kmアップの後、一周30kmのAコースへ。
30kmの中に三国山、戸越峠とふたつ山があるのでけっこう負荷は高い。下りも踏み続けないとスピードが乗らないので休むポイントなし。
今日はさらに新兵器・無線を導入。これで千切れても安心・・・ってそうじゃねぇだろ。

三国山の中腹、10%の勾配からじわじわ千切れる。って、やっぱり千切れてんじゃん。
待ってていただいたらしく、下り始めで追いつく。情けない。
じわじわと登りをこなした後、長い下りへ。この下りでブレーキ使う奴はヘタレです。
しかし変だ。プリンスSLの時より体感速度が速く感じる。思わずブレーキ当てちゃったよ。
ヘタレ認定。
戸越峠中腹でまたも千切れる。しかしマシンが重いな。ダンシングのとき、後ろひきづってる感じがするよ。
結局、20万前後の完成車ではこんなもんか。入門者~ちょっとレース・イベントに出てみようかなという方にはいいが・・・これ以上を知っていると辛い。
まぁ5年前の20万完成車からすると、ダンチですけどね。
フレームとホイールですね、辛いのは。新105の性能に特に不満なし。重量以外は。
自分の走りの方向性が見えてるなら、金で買える性能は買うべきだね。予算内で。
決定。狙うレースは隠れてプリンスSLで出よう。これじゃ辛い。今年の佐藤琢磨の気分。

Aコース一周の後、BコースのショートカットでCコースへ。コレが意外にきつかった。
長い緩やかな登りはなんとか前でこなすが、もう脚がない。無線で支部長を呼び、引いて頂く。
やや足を溜めよう・・・と思ったら、支部長が脚を見せついていくのが精一杯。
支部長も脚を使ったようだ。ちょっと辛そう。
市の倉の焼き物町で脚を休め、庄内川源流沿いへ。
ここは365日向かい風だね。無線を使い、先頭交代。
辛い。膝は大丈夫だが、もう売り切れ。おなかが減ったので、支部長の後ろでむしゃむしゃ。最後の勝負どころに備える。
一応、念のため無線で聞いてみる。
「森林公園の登りをこなす気力はありますか?」
「ありますよ」
あっさり言われてしまった。鉄人のスタミナは恐るべし。って、たかだか70kmでスタミナ切れはいかんなぁ。
勝負どころと言っても勝負にならずあっさり千切られた・・・離されたので、ついでに無線チェック。
良好。とりあえず、数100mは大丈夫。ってそりゃそうだ。一応、16kmと謳ってんだから。
千切られ、森林公園の出口で今日の練習は終了。
あとはクールダウン。ちょっと面白い会話を。
「ニコタマサイクルの普通のメンバーで一番強いのはイノー氏ですか?」
「普通のメンバーではそうですね。普通じゃないのが、いますけどw」
言わずと知れた、あの男ですよ。ものすげぇ奴。
「イノー氏はレース運びがうまいですね。ささやき攻撃があるんで」
コース設定によってはキクッティーニにも分があると思ってるが・・・登りが嫌いといっても速いわけだし。要は、好きになればいいわけで。

走行距離・70km
走行時間・2h40m
[PR]
by umezo-cyclista | 2006-04-30 17:09 | ロード

Die Straße nach Deutschland /Die sechs

久々のドイツへの道・その6、である。

すでに飛行機の手配もした。
宿の手配もした。
チューリッヒ~マインツ~ミュンヘンという移動になる。
あとは、チケットが届くのを待つばかり。

最近あまりチェックしてなかったが、ヤフオクに本命のアルゼンチン×セルビア・モンテネグロのカテ3が2枚出ていた。
試しに入札してみた。

・・・・・・来た。落札できた。ちょっと驚いた。
ぃぃいやっほぉう!!!!! ?
しばらく夫婦で小躍りしちゃったよ。
もとはと言えば、アルゼンチンつながりで付き合い始めたんです、我々。
望外の旅行になりそうです。
うーん、幸せすぎて現地で悶絶死するかも・・・。
[PR]
by umezo-cyclista | 2006-04-27 22:25 | 蹴球

萌え

先日の温泉の帰り。
嫁に、「最近、あんたの”萌え”ポイントがようやくわかってきた」
と言われた。

夫婦の相互理解は、なにより大事だ。。。。
・・・って、違ぇーよ。

しっかし、コレとかコレに萌えていたのはよくわからない。
今となっては、我ながら謎である。

ちなみに、昨年あたりからコレに萌えている・・・

しかし、先日の乳の件といい、人間性疑われまくりですね。
ドン引き?「者ども、引け!引けー!」ってくらいに。
[PR]
by umezo-cyclista | 2006-04-25 22:58 | 日々

温泉

ここ数日、仕事で糞詰まり更新を怠っていた。
まぁ、糞詰まったっていっても某富士通の営業さんやK藤さんにくらべればたかがしれてるが。

気分を変えるためにクランクを替え、頭を丸めた。
さらにリフレッシュするために、日帰りで温泉へ。
山をいくつもこえ、2時間ほど車をぶっ飛ばし到着。安心感のある車はいいねぇ。どんどん前走車を煽って抜ける。

しばらく温泉でぼーーーーーーっとする。露天風呂はいいねぇ。日本人の幸せだね。
しかし、北の群馬では東京本部のみんながポイントを稼ぐため鼻水を垂らし、南の宮古島では名古屋支部長が鉄人となるため汗を流しているというのに、いいのかねぇ俺。
まいっかぁ。
とかいってたら、A・イノー氏がAクラスで2位だって!すげぇなぁ。
さぼってる場合じゃねぇなぁ。
帰ってきて、親がつけた洋梨のワイン漬けで一杯。うまいなぁ、これ。
イノー氏に2位祝いでおすそ分けしようかしらねぇ。
[PR]
by umezo-cyclista | 2006-04-23 22:32 | 日々

考証

2~3日前から右膝上外側が張っている。
原因はなんとなく思いつく。クランクが合っていない気がする。
(マシンがフルアルミっつーのもあるかもしれない)
長さが170mmっつーのがまずね。1年前にアルテグラの165mmに替えてから体がすっかりなれてしまい・・・もう戻れなくなったぽい。
明らかに違和感が。下死点から後ろに引っ張る際に、「よいせ」という感じ。
上死点から踏む際も膝が曲がりすぎと思う。
次に、ギア比がおかしい。50×34ってなんやねん。
別にコンパクトドライブに異論を唱えるわけではないが、明らかに無理がある。
確かにインナー34は使える。後ろが12-23のクロスでも余裕で山を登れる。
んが、平地巡航でインナーでシフトアップしていく。ギリギリで我慢してインナー×トップで粘る。
すでにFDがカリカリ音がする。
耐え切れず、アウターにあげる。
ここで通常であれば、後ろを2段ほど下げれば済むことだが、34Tから50Tだと感覚的に4段は下げないとギアが合わない。
そうすると今度はアウター×ローに近くなる。
そしてアウター×ローからインナーに落とす際にも、同じ現象が起きる。
そんなことをやっていると、ペダリングリズムがなんだかよくわからなくなってしまう。
前に使ってたスギノの48T×36Tならまだよかったが・・・。これでは下りで足が回りきってしまう。
結局、50T×38Tか52T×38Tあたりがよさそうだ。

まぁ、貸与されてるのであまり強くは言えないが・・・
おーい、クランク替えさせてくれ~!
[PR]
by umezo-cyclista | 2006-04-19 23:04 | ロード

自転車バカ

帰ってきて荷物を置いて、さらに走り出してしまった。
小一時間。庄内川は寒かった。
疲れたので、懐かしいキャラで癒されてみる。
[PR]
by umezo-cyclista | 2006-04-17 21:07 | ロード

雨に歌えば

今日は諸事情により、走らず。
しかし昨日は諸事情により、走った。
別にイノー氏のように、レースが近いわけでなく。実家に行く用事があったのである。
んが、車がない。電車で行く気はさらさらない。バスで大曽根まで出て、地下鉄乗り継いでさらに植田からまたバスってアホかいな。
実家に行くだけなのに、1000円近くかかるっちゅーねん。

ってことで、雨フル装備で出発。某M川氏のようにゴミ袋というわけではなく。さすがにズブ濡れで実家に上がると、親が迷惑だ。
走り出すとやっぱり楽しいですよ。メッセンジャー時代は憂鬱でしたが。やっぱり趣味だから楽しいんだな。
あんまり楽しくて、ルート変更。意味もなく八事山を越えてしまった。
しかし、このブレーキシューよく効くね。すさまじく減るけど。雨の下りに自信がない方は、転ばぬ先の杖で買っといたほうがいいんじゃないかなぁ。

で、実家到着。親が大変驚くわけですよ。
なに言ってんだ、あんた。あんたの息子だよ。そっちだって、多少の雨なら山登りすんじゃねーか。たかだか20kmで驚くなよ。
とりあえずお昼を頂く。いやー、いくつになってもお袋の味ってのはいいもんですね。あったまる。
ひとしきり猫と遊んだあと、待望の新車到着。
いやー、いいね新車ってのは。俺のじゃないけど。
一回り大きくなって、いきなりアルミペダルついてるよ。
今度貸してくれ。

とりあえず、レガシィを頂いて帰る。ありがとう。
ひとしきり、レガシィの性能に感動。このやる気にさせる運転席がいいんだ。
しかし、やっぱ安月給には分不相応だよね。また、会社のジジィに嫌味言われるよ。
とりあえず分相応な車に買い換えます。
[PR]
by umezo-cyclista | 2006-04-17 01:10 | ロード

悪天候のわけ

チームでは、レース1週間前の週末なのに雨で練習できん!という話題で盛り上がって(?)ますが・・・・・・
まぁ、これはたぶん自分のせいですね。
今日明日は、アウトバック納車/カリブ売却/レガシィ譲渡というイベントがあったもので。
うめぞは、自他共に認める、雨男です。
雨男を通り越して雨神さまです。(この話はまた後日・・・)
そんなうめぞが車の乗換えですよ。洗車すると必ずその後に雨が降るっつーくらいですから、納車で雨が降らないわけがない。
ということで、すいません。関係者のみなさん・・・とりあえず東のほうに手をかざしてみます。

しかし、このカリブ。よくがんばってくれました。
ありがとう。次はもっと丁寧に乗る人に買ってもらうんだよ・・・。
f0088348_22211230.jpg

[PR]
by umezo-cyclista | 2006-04-15 22:22 | 日々

んまい。

4月某日、坊じょびじょびを観に名古屋ドームに行ってきました。
まぁ、ライヴ内容は置いといて。

名古屋ドームに行ったら食おうと思ったのがこれ、
「味噌カツバーガー」
名前の通り、味噌カツです。
かなり、うまかったです。
名古屋ドームの中にしか、売ってません。f0088348_22511541.jpg
[PR]
by umezo-cyclista | 2006-04-14 22:51 | 日々

ガセネタ

<ドイツからの手紙>
ニホンのニコタマの皆さんコンニチハ。ヤン・ウルリッヒです。
皆さんも知っての通り、不調から今シーズンは(また)出遅れ、春からの予定レースをキャンセルになってしまいました。
さすがにちょっと凹みましたが、そこは諦めないゲルマン魂。日本からせっかく小さい夫婦が見に来るというし、ツール・ド・スイスには間に合わせてみせます。

トレ-ニングの一環として、気分転換に夜道を散歩してみました。
そして知らない道を歩いているうちに広い草原に辿り着きました。
そこに悠然とそびえ立つ大きな塔にボクは何かを感じたのです。

思い切り飛びついて無心で登り続けました。
登っても登ってもてっぺんは見えません。
登れば登る程に呼吸も苦しくなってきました。
いつしかそれは心地良さへと変わっていました。
クライマーズ・ハイとでも言うのでしょうか。アルプ・デュエズを登りきった高揚感にとても似ています。
その時、忘れかけていたあの言葉がボクを包み込みました。


『新時代の皇帝・ウルリッヒ』


『新時代の皇帝・ウルリッヒ』』



『新時代の皇帝・ウルリッヒ』



・・・

思い出した。
ボクはこの言葉に舞い上がり、そして踊らされていた。
自分を見失い自分の出来ない事までやろうとしていた。
言葉の真意を見抜けなかったんだ。
ボクは皇帝。悠然自若と構えていればいい。
アタックに反応せず、自分がレースを作るんだ。
97年に初めてツールを制した時はそうやって勝った。
98年にパンターニに負けたこと。
それからずっと、あのアメリカ人に勝てなかった。
そんな負けレースはすべて、他人のレースでした。

両手を離し飛び降りたい衝動に駆られた時、頭上に何かを感じました。
ついにてっぺんに辿り着いたのです。
そこには、ネコの着ぐるみの様なものを着た人が一人立っていました。
そして彼の後ろには、何かたいそうに祭られた飲み物が一本。
何も飲まずに登り続けて、喉がカラカラだった僕はおもむろに手を伸ばしました。
しかしネコみたいな人が邪魔をして、触る事すら出来ません。
何度か挑みましたが空腹で動く事すら出来なくなった僕にネコみたいな人は“豆”を一粒めぐんでくれました。
何故かその豆一粒で満腹となり、激闘はその後も続きました。
聞けば、前に来たアメリカ人は3年もかかったとのこと。
しかし、ボクならもっと早くできるはず。
だってもう、あのアメリカ人はいないのだから。
そして三日後、ついにネコのような人を振りきり、僕は飲み物を手にして飲み干しました。

「あの時と同じ味だ…」

97年、サンテ・チェンヌでのTTにて前方を走るヴィランクに追いつき追い越し、圧倒的な強さでマイヨ・ジョーヌを確定させた後の水と同じ味がしたのです。
そしてボクの体は塔を登る前より明らかに軽くそして強くなっていました。

ネコのような人にドリンク代と豆代を請求されたので、カードで支払いを済ませてボクは急いで地上に向かいました。
ちなみにエレベーターがあるらしく、帰りはそちらを利用しました。

戻ってテレビをつけるとパリ~ルーベが終った直後でした。
カンチェラーラが逃げ切り、大勝利を収めたんですね。
しかし今のボクは、誰が相手でも負ける気はしません。
早くレースに出たくて、うずうずしています。
それではまた、手紙を書きます。
[PR]
by umezo-cyclista | 2006-04-13 20:11 | 日々