<   2006年 03月 ( 28 )   > この月の画像一覧

そういえば

今日は結婚記念日でした。
もう一年か・・・早いものです。
帰ったら、嫁がピザ焼いてました。
ちょっと膨らみ気味でしたが、美味しかったです。f0088348_2237325.jpg
[PR]
by umezo-cyclista | 2006-03-28 22:37 | 日々

名古屋発祥

意外に知られていることだが、パチンコは名古屋発祥である。
ということで、そこらじゅうにパチンコ屋がある。
幸いにも自宅の近くにはないが、建設予定はあったそうだ。
が、地域住民の猛反対により断念したそうだ。ああ、よかった。

今まであまり経験のなかったことだが・・・現在の職場にはやたらパチンコジャンキーがいる。
まぁ、朝から晩まで暇さえあればパチンコの話である(暇がなくてもしてるが)。
昨日どこどこの店で出たとか、こういう流れだとかかるとか。
彼らにかかると、エヴァンゲリオンも水戸黄門もヨン様もすべてパチンコだ。

仕事に影響なければいいが・・・「今日、出玉の日だから定時で帰る」と言っていなくなるのは勘弁して欲しい・・・。
あと、少しは自転車の話もしようよ・・・
[PR]
by umezo-cyclista | 2006-03-28 20:23 | 日々

にゃんころがし

f0088348_21592328.jpg
うちの子です。
現在、花粉症でお鼻ずるずるです。
人の顔の前で、くしゃみをして鼻水を撒き散らします。
[PR]
by umezo-cyclista | 2006-03-27 22:01 | 日々

またパクリ

うめぞ氏、詠む

人生に 「やさしさ」欲しい お年頃(うめぞ)

類似品

今日はへこみっぱなし。昨日は念を送った甲斐なく、赤鯱軍団はタコ負けだし

人を呪わば穴二つ。
もしくは
「妬み」とは人の原始の罪である。カインはアベルを妬み、アベルを殺し、主の不興をかった。

妬む前に、自分の仕事をしてください・・・・
[PR]
by umezo-cyclista | 2006-03-27 21:12 | 日々

久々の練習

前回に引き続き、自転車は楽しい。である。

今日は練習しようと決めていた。
が、朝布団の中で1時間ほど格闘。ようやく動き出しもそもそ着替える。
昨日はかなり暖かかったが、今日は曇りっぽい。少し悩んだが、エチェオンドの魚河岸パンツにNALINIの長袖ジャージ、PEAKのN2ジャージでいく。
が、これが失敗だった。いくら瀬戸の山中とはいえ、春は来ていた。暑い。
今後は、レッグウォーマー、アームウォーマーでいいでしょう。
シェイクダウン中のニューマシンの調整もかねている。できれば登りでの限界、下りでの限界も確かめたい。

家から、15kmほどゆるいアップダウンをこなしあっという間に山の中へ。守山区恐るべし。
ここから、瀬戸の三国山を目指す。距離6kmで標高差300m・・・って平均勾配いくつ?
とりあえず、道路標識によれば最大勾配10%らしい。
しかし、このたるみきった体では、ぜーぜーですよ。体が左右にぶれないことを心がけつつ、なんとか登っていく。あっという間にインナー34T×ロー23T。秋ぐらいは39×23でいけたんだけどな~。なんか重いなぁ。車体が重いせいかなぁ。体が重いせいかなぁ。
上りきった頂上から、岐阜県に突入。じねんじょ五平餅のみくに茶屋を右手に眺めつつ、下りへ。ロングで練習するときはこの山を三回登って、ご褒美に五平餅を頂きます。
下ってる最中、チーム練習中のおっさんたちとすれ違う。昨年、支部長と走ってた時はわれわれも逆周りでしたな。でもこっちの回り方のほうが、勾配がきつくて下りは高速コーナーが連続するので楽しいんですよ。
で、問題の高速コーナー。ゆるい登りをこなしたあとは、ノーブレーキでふもとまで。正直、20万なりといった感じ。軽量王子に比べれば、体感速度が5kmは違う。60km/hから明らかに挙動が変化する。頼りない感じではないが・・・ホイールが硬いせいもあって跳ねる。フルアルミの宿命かねぇ。
下りきったら瀬戸旧市街の戸越峠へ。ここは距離は短いがヘアピンカーブが続く、いかにも、峠な感じ。
上ってる最中、前方にキャノンデール発見。ちらっとこちらを振り返り、回転をあげたようだ。
今の体調で追いつけるか・・・やってみる。
昔よくやっていた、カーブごとに加速をして段階的に差を縮める。コツとしては、相手からこちらが見えない間に差をつめ、見てるときは辛そうに走ること。
案の上、追いつかれると思わなかったらしく、並んだらぎょっとしてた。まだまだ舐めちゃいかんですよ。
二言三言交わしたのち、引くために前へ。なるべく一定のペースでしばらく行く。が、頂上で振り返ったら、30mほど千切れてた。しょうがねぇなぁ。
待たずに下りに突入。しばらくしたら、追いつかれてた。いかんなぁ。相変わらず、下りは課題ですよ。
下りきったら、もう少し上って下ってふもとへ。これで1周30kmで峠ふたつ。なかなかいいコースでしょ?これから徐々に体を作って、2周してもう一回峠上ってから、市の倉から庄内川に出て平地の高速巡航を鍛えればいい練習になりそう。次回の名古屋合宿のコースにしよう。近いうちに支部長を誘ってみよう。
とりあえず、今日はこれで帰ることにする。午前中でと嫁に言ったし、2時からテレビを通して赤鯱軍団に念を送るし、旅行会社に行かねばならんし。

再び15kmほどでペースをあげつつ家へ。心配した膝はとりあえずこのぐらいでは大丈夫なようです。少し違和感があるので、アイシングはしよう。
最後のスプリントポイントで少しもがく。と思ったけど、腕が一杯でもがけず。情けない。

帰ったら、スカパーのニュースにT-Mobileが出てた。かっこいいなぁ、ウルリッヒ。

今日の練習・距離60km2時間半。
[PR]
by umezo-cyclista | 2006-03-26 14:59 | 蹴球

Ein Fahrrad ist angenehm

↑自転車は楽しい。である。

だいぶ暖かくなったので、継続的に通勤ライドに乗り出す。
楽しい。
行きは向かい風、帰りは追い風。行きと帰りで10分も違う。
楽しい。
新しいマシンのクセを段々掴んできた。体に対してホイールベースが長いので、直進安定性が強い。が、オフセットがピナレロより小さいので、それがハンドリングのクセになっている。
楽しい。
やはり値段が値段だけに、60km/hオーバーの速度粋ではマシンが安定しない。ぶれる。
楽しい。
ちょっとずつ、体が戻って行く。
楽しい。
が、2kmの坂でダンシングしたらすぐに足がいっぱいになってしまった。まだまだです。
楽しい。
ああ、楽しい。


今週の走行距離・150km
[PR]
by umezo-cyclista | 2006-03-24 19:09 | ロード

Die Straße nach Deutschland /Die fünf

ドイツへの道/その5 である。

W杯のチケットが確保でき(譲っていただける方はどうやらいい人そうだ)、日程も決まった。
とりあえず次は、飛行機だ。
二転三転したが、結局土日は空席なし。平日飛ぶことにした。
6/12に中部新国際空港からフランクフルト経由でチューリッヒ入り、
6/22にミュンヘンからフランクフルト経由で中部新国際空港に着く。
こんな感じである。
嫁が、「絶対エールフランスはやだ!」というので選択肢は限られる。というかセントレアから出る時点で、ルフトハンザしかないのである。
10日間の旅。なかなかデンジャラスだ。

次は現地での行動パターン。
旅のもう一つの目的、ツール・ド・スイスは6/13はNiederbippからLa Chaux-de-Fondsへの151km。スタート地点まではチューリッヒから電車で2時間。ゴールまでも大して変わらず。
ここで、嫁と議論になった。
嫁は「午前中にスタートを見送って、電車で移動。ゴールも見る」
というのだが・・・いや~さすがに無理でしょ。仮にもUCIプロツアーだし。
2兎を追うよりもゴールに絞ったほうが・・・どうせ朝から出店が出て色々配ってるだろうし。
電車で移動してたら、いい観戦ポイントで見られないよ。
という俺。
結局、ゴールもしくは山岳賞ポイントで見るということになりそう。山岳賞ポイントだと、ブワーって通過するウルリッヒ(?)のしばらく後、ボーネンやらマキュアンのグルペットが息も絶え絶えに通過して二度おいしい。
んー、コースの断面図がどこのサイトにも出てないのが痛い。
結局ぎりぎりまで、選択肢を残していどうするしかないかー。
翌6/14は前日のゴールと同じLa Chaux-de-Fondsからスタート。これは、スタートを見送ることで決定。
翌日は・・・どうすっかね。レースをおっかけるか、ボーデン湖にでも遊びに行くか。
あんまりレース観戦ばかりやってると、スポンサー怒るしな~・・・。
[PR]
by umezo-cyclista | 2006-03-22 20:59 | 蹴球

Die Straße nach Deutschland /Die vier

ドイツへの道/その4

もーついでである。スイスからドイツの入る際、我が心のマインツに立ち寄ることにした。
自転車にどー関係あるかわからないが、いい街っぽい。大聖堂が有名な「でっかい田舎」といった趣か。
まー、ミュンヘンは宿賃高いし、おそらく日本人がうじゃうじゃいるであろうドルトムントには行きたくない(ドルトムントそのものはいい街らしいが)。
調べたら、けっこう宿代もわりとリーズナブル。
あとは交通のアクセスか・・・やることは一杯だ。
[PR]
by umezo-cyclista | 2006-03-20 20:38 | 蹴球

Die Straße nach Deutschland /Die drei

ドイツへの道・その3

だーっはっははははははっはー!
やったぜ、ヤフオク!よーやく落札できたぜ、W杯チケット!
予想より(?)、安かったがそれでも家計的にはぎりぎりだ。
組み合わせは、コートジボワール×セルビア・モンテネグロ!
場所はミュンヘン!アリアンツ・アレナ!
公式的には「ミュンヘン・ワールドカップ・スタジアム」らしいが、俺にとってはアリアンツだ。
俺が行くまでには、芝を直しとけよベッケンバウアー!
なんだかもう、嬉しくて失礼きわまりないぞ。。。。

いやー、これでせっかく作ったレプリカユニフォームも無駄にならずにすみそうです・・・
[PR]
by umezo-cyclista | 2006-03-20 00:17 | 蹴球

復調の兆し?

ってうめぞの膝ではなく。
われらが赤鯱軍団ですが。
昨日の対・鹿島戦は久しぶりに楽しめる試合でした。
玉田のPK失敗はまぁ置いといて。
前半よりも10人になった後半のほうがよかった。監督のやりたいサッカーが見えてきたし。
まぁ、いかにもオランダ人って感じですがw。
とにかく、勝てなかったけど負けなかったのは大きな収穫。ヘタレ柳に仕事をさせずに、後半20分に引っ込ませたのはメデタイ。
秋田、古賀、川島の守備陣が本当に良かった。
惜しむらくは、攻撃にもう一枚欲しかった。早いとこ、俊哉に復帰して頂きたいものです。
今シーズンは、腰を据えてチームを作って欲しいものです。

とか言ってたら、ブレーメンが負けてしまった・・・CL敗退から調子が取り戻せんなぁ。
我が心のマインツはレバークーゼン相手に勝ったけど。エライ。
[PR]
by umezo-cyclista | 2006-03-19 14:43 | 蹴球