カテゴリ:ロード( 146 )

大回転

ごぶさたしております。

いつまにか名古屋に帰ってきて、超突貫工事で開店して、絶賛大回転中です。

f0088348_2233772.jpg


うめぞは新店立ち上げに関わるのは3回目なんですが
まぁ、前倒しにつぐ前倒しでやっつけるのは、10年前の新宿も7年前の環八からも変わっとらんなぁ、と。
(・・・遠い眼)

なんというか、開店からこっち来客の期待の高さをひしひしと感じております。

なんにせよ、自分の
「いるべき処」
にいるというのは幸せな事です。
[PR]
by umezo-cyclista | 2010-03-10 22:03 | ロード

復活の鯔

訳あって、旧々BORAを戦列復帰させた。
人間の戦列復帰もまだだと言うのに・・・。

もう何年も貼りっぱなしのタイヤを剥がし。
クリーナーで綺麗にして。
タイヤを買いに行ったら、結局ヴィットリアになった。
安いんだよね、名古屋の某ショップでは。
名古屋のチューブラー使いは圧倒的にヴィットリアかもしんない。

手に取った瞬間、数年前に比べて明らかに作りが良くなったのがわかる。
一時期、大変粗悪な作りになり、死んだメーカーになるかと思ったが(そう、ITMのように)精進して復活したようだ。
リムセメントを買い忘れたが、そんな時はボンドG17で代用だ。
成分的には全く同じ(臭いもな)。
むしろ早く乾くのでこっちのほうが扱いやすいかも。
値段、安いし。
(ちなみにコレは某問屋にいる元・日本代表に教えて貰ったワザで、情報ソースの信頼性は高い)

で、走行。
あ~、やっぱいいよね。BORA+ヴィットリアは。
懐かしい友人に会った感じ。
お前も変わんねぇなぁ、って。
G3になったり、TWOになったりしてるけどBORAはやっぱり最高です。
平地の巡航性、踏み出しの軽さ、振動吸収性が高いのに縦方向の剛性がしっかりしてる。
これにかかりゃ、台湾メーカーもアメリカメーカーもなんぼのもんじゃい!
って、思う。

タイヤ。
ヴィットリアのチューブラーは昔っぽさを残しつつ、しっかり感が上がってる。
ヴィットリアで育った世代としては、大変わかりやすく扱いやすい。
しばらくコンチだったけど、見直しました。
コンチのしっかりを通り越した「がっつり」感も捨てがたいけどね。
いかにも、質実剛健なドイツメーカーて感じで

他メーカー。
・TUFOは意味がわかんなかった。グリップしないし、すぐパンクするし。
・ミシュランはサービスクルスの時代(知ってるか?)。
無茶苦茶グリップするし、転がり抵抗も低かったけど短命に終わった。
・ヴェレデステインはヴィットリアの年上の従兄弟って感じ。
たぶん工場いっしょじゃん?ヴィットリアより少し上質で。
・ヴェロフレックス。異様なグリップとしなやかさ。扱いに困るのと、耐久性低し。

以上、10~5年前の商品知識でした・・・。
聞くところによると、パナとかユッチンとかのチューブラーがすごい進化してるらしい。
浦島太郎よね、もはや。
[PR]
by umezo-cyclista | 2009-11-19 00:26 | ロード

直撃

月曜から未明にかけて台風が。

月曜は昔に住んでいた街に現る。
模型屋でなにか買うかしばし悩むか、結局買わず。

火曜は、イノー氏と読売ランドで待ち合わせ。
一昨日に手が痺れたことから、空気圧を5.5まで落とす。
チューブレス万歳。
通勤時間の246はこえーよー、と泣きながら
市ヶ尾市役所(?)経由で麻生区に突入。
ここらで方向感覚を見失い、先日のルートをなぞって駒澤女子を目指す。
が、登りきったところで、曲がるところを間違えて若葉台のほうへ出る。
なんとか連絡を取り合い、尾根環に通じるファミマでイノー氏と合流。
道をすっかり忘れていて、大変ご迷惑をおかけしました・・・。

そして本日も小山田で生殺しの刑。
たぶん、そうとう手というか脚を抜いて頂いているのだろう。
それでも尻を拝むので精一杯です。
駒女の頂上であえぐ姿を記念撮影される始末。
ランドの裏側で大殿筋マンとお別れ。
来た道で帰る。
行きに比べりゃだいぶマシだが、それでも246は怖い。
昔は、よくこんな道で江ノ島まで行こうと思ったもんだ・・・
考えられん。

70kmくらい。


今回の上京でわかったこと。

神通力健在。
東京の道は1車線あたりが狭い。
路面も悪い。
空気も悪い。
田舎、最高。
[PR]
by umezo-cyclista | 2009-10-27 22:43 | ロード

嵐を呼ぶ男

もはや、雨男ですらない。
事前の天気予報を大きく覆し。
関東に着くなり、雨・・・。
台風接近。

せっかく早起きして、7時に名古屋を出たのに・・・
意味なし。
とりあえず、キクッティーニ亭でノクボーネンと旧交を温め、自衛隊の次期主力戦闘機について語り合う。
何時間でも語れたが、嫁さんの視線が痛いので夕方退散する。
その間に、うちの娘が人様のお宅で「落し物」をしていったのは内緒だ。

翌日は見事な雨。。。。
梅杯、中止。
雨が止んだ昼から、市ヶ尾市役所(?)経由で前日の三人で多摩ニュータウン~尾根環~小山田周回へ。
ここが、名高い小山田周回ですか。
と、感慨にふける間もなく、引き釣り回される。
というか、あざみのからのアップダウンですでに終わってましたがね。
ダンシングでなんとか追いつく
→シッティングでじわじわ離される
→信号で待たれる
の生殺しが続く。
コンパクトドライブ×13T-26T
では、お話にならんことに気づく。
大妻女子あたりで、ヒラメ筋ニクマンとお別れ。
小山田から半周?して町田街道で帰る。
東京の道がわからん田舎者を、無事帰らせてくれてありがとう、
ノクボーネン。

でも、思ったけど
いっそのこと早朝に出て、宇都宮に行ったほうが良かったかも。
某店長の派手な落車とか
いま現在、うめぞがもっとも尊敬するイェンス・フォイクトとか見れたかもしれない。

70kmくらい。
[PR]
by umezo-cyclista | 2009-10-27 22:29 | ロード

走る

仕事を挟んで、65km走れた。
でも全然平気だった。
仕事中も元気。
帰りもどこまでも行ける気がしたが、日が変わってもなんなのでほどほどにしといた。
家出る前にスポーツバルムでマッサージのせいかもしれん。

朝起きたら、頭が痛い。
調子がいいのも気のせいか。。。
販売部部長が現れて、自転車が好調と言う事でお褒めの言葉を頂いた。
褒められて育ってないから、慣れてないんです。
照れくさいんです。
販売部部長は、うめぞが会った本社の人間で唯一信頼できる人だ。
あとは、お役人体質のゴ○ブリばかりだ。


日曜、コースをどこにしたらいいかわからなくなった。
誰か教えてください。
[PR]
by umezo-cyclista | 2009-10-22 23:31 | ロード

五月蠅い

クランク周りがミシミシと。
今日の帰りから鳴り出した。

クランク外してBB増し締めして、クランク付け直してみたが。
鳴り止まず。
あるいは、締めすぎ?かもしれん。
そもそもBBがイタリアンて構造的に無理あるんじゃね?
JISのほうが理に適ってる。

このフレーム、ちょくちょくなるんだよなー。
コラムもミシミシいうし。
どうってことはないが、気になって集中力が削がれる。

そもそも限界かもなー。
もともと、どっかの誰かが使い倒したフレームかもしれんし。
[PR]
by umezo-cyclista | 2009-10-19 00:17 | ロード

互換性

ちょっと前に気づいたのだが。
モストロにリガスの汗止めパットが使える。

若干、元々付属してるものよりも厚みがあるのだが。
そもそも、某G社とかは汗止めパットそのものが別売りしておらず難儀したもんだが。
OGKはアフターパーツとして普通にある。
でも意外に買うと高いよね。

ナイショだけれど。
なぜか店で、ヘルメットの付属物を捨てていく人が多い。
で、試してみた。
使えた。
[PR]
by umezo-cyclista | 2009-10-17 23:02 | ロード

今日は走る

最近、自転車での通勤の時は毎日の様に友人宅まで行く。
特に訪問するわけでなく。
何かをするわけでもなく。
ストーカーです。


先週は台風の影響であまり気持ちよく走れなかったので、今日は走ると決めていた。
コースは迷ったが、今年定番の瀬戸方面。
何故か、三国山を二回登り、間に戸越峠を挟んで。
おかげで、庄内川沿いの平地巡航はかなりしんどかった。

115km
5:00hくらい。
[PR]
by umezo-cyclista | 2009-10-17 00:04 | ロード

梅杯の告知

UMEZO-CUP 2009
カデル・エヴァンス世界選手権優勝記念大会

開催日:2009年10月25日 日曜日(予定)
開催場所:道志~山伏峠コース(予定)
参加資格:日常に忙殺され、練習不足なサイクリスト
       遅れた仲間を見捨てない男気のある方
集合場所:東京組-ニコタマAM8:00
  横浜町田組-町田の246の交差点
勝利特典:特になし
参加特典:特になし



f0088348_1051.jpg

「みんなの参加を待ってるゼ!」
※カデル・エヴァンス本人は参加しません。ご注意ください。
[PR]
by umezo-cyclista | 2009-10-04 01:08 | ロード

Willkommen!!

連休、初日。
かねてより親交の厚い奈良の師がやってきた。

とはいうものの、風邪を引いたり、その風邪が家族に伝染ったりで3週間まともに走ってない。
とりあえず、前日に平地メインで70kmほど走っておく。
平地の巡航はなんとかできそうだ。

連休で伊勢湾岸道が混みそうなので、鞍が池近辺で待ち合わせすることにする。
そこまで25kmほど踏んでいく。
いい感じにアップ終了。
鞍が池近辺、のはずだった待ち合わせ。
なぜかうめぞは鞍が池PAに現れる。
パーキングエリアをうろうろする、ロード乗り。
かなり異様だ。
良い子はマネしちゃいけません。


合流して、足助は香嵐渓から発進。
巴川沿いに松平郷へ。
この15kmがペース速すぎた。
お互い、自分で落とすわけにはイカンという、変な遠慮?が。
そのまま山に突入。
ふた山越えるあいだに、今日もチーム光と遭遇。
思うに、あそこのチーム錬は必ず誰かが逃げてて、それを追っかけてるな。
そういう方針なんだな。

下山村からのフランドル区間は先頭交代をしながら快調に進む。
てか、このルートでこんな速いペースで走るの初めてだよ。
作手村から三河湖へのロンバルディア区間へ。
細かいアップダウンとクネクネを繰り返しながら、アタックをかけ合う。
かけ合うというか、うめぞがアタックもどきをかけて普通に付いてこられて、離される。
思うに、ここですでに売り切れだった。。。。
ダムの向こうから休憩ポイントまでの1km、ギア掛けてみた。
攣った。
見事に、攣った。ペダル踏めないくらい。
とりあえず、惰性で三河産ソーセージの店へ。
しばらく、ふくろはぎをほぐしつつ、ホットドッグを頂く。

再発進。
阿蔵までダラダラ登る。
売り切れた、残りかすでなんとか登る。
ホームコースなのに醜態晒して、恥ずかしいったらありゃしない。

f0088348_0572162.jpg

しかも、写真撮る余裕なく、某所から拝借。これも情けない。

阿蔵から、香嵐渓まで15km下りまくる。
これにて終了。
1周75km、まぁまぁですね。
改めて二人で走ると、「逃げ」の練習にはもってこいだと気づかされる。
いつもは、平地でタレるからねぇ。

で、香嵐渓でいつもの定食。

f0088348_185397.jpg

おふろ入って、自宅に案内。
娘は寝ぼけてて、若干反応が悪かった。

大変楽しく、かつ勉強になりました。

f0088348_1986.jpg

エラプロ最終形。
今回、頂いたものでお菓子よりも嬉しかったw

今度はご家族も一緒に泊まりでお越しください。
[PR]
by umezo-cyclista | 2009-09-21 01:01 | ロード