落胆・・・

まぁ、↓でも奥様が語ってますが・・・

うめぞはウルリッヒとパンターニがいなかったら、これほどロードにはまってませんでした。
その片方は、非業の死を遂げ、片方は望まない引退を選択しました。。。
両方とも、発端はドーピング、薬物絡みです。
自転車競技=薬物といった過熱した報道が、彼らの選手生命と生命そのものを奪ってしまいました。

うめぞから望むのは、一刻も早い彼らの名誉回復と真相究明。
そして、薬物の追放は。

奇しくも、昨年観に行ったツール・ド・スイスがウルリッヒの最後のレースとなってしまいました。
良かったのか悪かったのか・・・サインしてもらったジャージは宝物になりました。
[PR]
by umezo-cyclista | 2007-02-27 23:32 | ロード
<< ミステリー das Karriereende >>