来た・見た・乗った

順不同で

・TREK 5.2
妙に腰が高くて、加速感は高い。
直進安定性が薄い。
カッポンカッポンしてる乗り味。モナカの皮だけみたいな。

・GIANT TCR ADVANNCED
別にいらん。よくできた機材。
性感帯にまったく来ない。

・CANNONDALE SUPER-Six Hi-MOD
いい。実にいい。意外と大変素直な乗り味。
加速感、安定性、巡航性が高次元でバランスされてる。
しかも安い。ペイントを増やしてください。

・WILIER IZOARD
イタ車らしい、加速性と巡航性。
ストレートフォークのせいか?前が少しフラつくのが気になった。
って、ピナレロに比べりゃ、たいがいそう感じるわ。

・COLNAGO CLX2.0
もっさりしたカーボン。安定感はあるけどね。
思うに、これ以下とCX-1以上は別物よね。
F4:13より加速が鈍いと感じるんだから、あとは推して知るべし。

・COLNAGO CX-1
加速、巡航性ともに最高。重心が下にあるのに、降りやすくてスカスカ登っていく。
あえて言うと、振動吸収性が今っぽくない。
そりゃそうだ。この上、があるんだから。
GIANTっぽい、デジタルな感じ。

・COLNAGO EPS
無敵。
あらゆる脚質。
あらゆるレベル。
あらゆるシチュエーションで。
あなたを満足させます。
ロード乗りの性感帯にビシバシ来る。

・DEROSA KING3 RS
EPSやDOGMAの対抗馬のはずだが・・・。
正直、レベルが落ちる。

・RIDLEY DAMOCLES
ある意味、古臭い。純粋な、「ロードレーサー」(ロードバイクじゃなくて)。
振動吸収もあくまで、トルクを逃がさないために。
爆走する後ろを、前で制御する感じ。
でも、それが楽しい。FRの車みたい。

・CERVELO R3SL
いや、いいよ。すごい、よかった。
でも・・・言葉にできない物足りなさを感じた。
って、どんなインプレだ。

・PINARELLO FP3
フル・アルテグラ+BORA1仕様。
FP3に足りないところを、全部交換。
すごい良くなった。
例によって、加速感は鈍いけど。

さて、この中にうめぞさんの次のマシンのヒントが隠されている!!
[PR]
by umezo-cyclista | 2010-06-22 13:00 | ロード
<< νマシン GDR >>