アクティブリカバリー

なのか?

腰が痛いが、ジテツウで発進。
負荷をかけるとヤバそうなので、302号から平地メインで行く事にした。

途中、流していると後ろから変速の音が。
振り返ると、フォンドリエストに跨った半パン&メッセンジャーバックのエッセンジャースタイルの男性。
しばらく行って、ちょっとその走り方にムっときたので信号でひとこと。

「すみません。ヘルメットもなしで無言で後ろに付くのやめてもらえます?」

たぶん相手は本格的なロード乗りを追っかけていて機嫌がよかったのだろう。
笑っていたが、顔が凍りついていた。

無言で後ろに付かれると、気づかないのでサインを出さない。
そうすると、コトが起きた時、後ろから突っ込まれるハメになる。
それで、転倒しヘルメットなしで流血しようもんなら大変である。

「ヘルメット被らないのも、俺の勝手。事故って怪我するのも俺の勝手」
という奴もいる。
が、相手が流血してたら、救急車を呼ぶのはこの場合うめぞである。
はっきり言って大迷惑。そんなのをほっといて、行くわけにもいかない。人間として。

よくお客さんにいうのだが、
首の骨が折れるような事故ならヘルメット被っていてもいなくても、死にます。
でも、血を流すかどうかのラインは守ってくれます。

問題は、メッセンジャーをカッコイイと思ってる、エッセンジャースタイルの人間である。
京都辺りのメッセンジャーから流れてきたNYスタイルとかいう文化では
無法者的走り=カッコイイ
ヘルメットなし=イカス
みたいな風潮がある。
メッセンジャーを管理していた時代、よくこれでモメたもんだ。。。

あのシャア大佐も、一年戦争末期にアムロに額をカチ割られて
「ヘルメットがなければ即死だった」
と有名なせりふを残して以来、
グリプス戦役以降、ヘルメットを被るようになったというのに。

死にそうにならないと、わからないのかね?
とりあえず、人を巻き込むな。
[PR]
by umezo-cyclista | 2009-08-25 00:18 | ロード
<< イカス そうだ、乗鞍行こう >>