手組みホイール

某所にてネタを振られていたので?

Q.  手組み軽量リム+太めスポーク32本+軽量チューブラーなんて如何でしょう?

これは作ったことはないですね。
軽量リムって時点で、14番とかの太いスポークという選択肢はなかったので・・・。
手組み=練習用というのが定着して以来、軽量チューブラーてのも考えなかったし。

個人的には、中途半端な完組みホイールよりは手組みのほうがいいと思います。
ハブは105かケンタ以上であれば、OK。
今は、リムがアンブロ・バランスでスポークがDTのバデッドでニップルがサピムです。
もう一本、リムがMAVICオープンプロもあります。

昔、カンパのモントリオール76て軽量リムで走ってましたが、リムが柔らかいのでバデッドスポークでも苦労しました。
てことで、軽量リムでスポークを14番にしてもテンションを上げれないんじゃ意味ないんじゃないかな?
そもそもバデッドスポークのほうが丈夫だと思うし。。。。

昔の同僚で、エアロリムに14番スポーク32本組みで、
「このほうが慣性が付くから速い!」
て豪語して、草津で2位取ったのがいました。
別の先輩は、懐かしいリジダの1本500gの重いリムで練習して、
「練習なんだから重くていいんだ!」
て言って、本番の沖縄で4位取ってました。
こういうこと言ってると、奈良県あたりから
「そんなもん、アラヤのプロホイールが最強に決まってんだろうが!」
って怒られそうですがw

結論的には、人それぞれなんで、いんじゃないんでしょうか?
うめぞが絶賛したハッチンソンのチューブレスも某ボスはあまり?ですし。

うめぞ個人は、オープンプロのハードアルマイトで、DTのバデッドスポークで組むのが一番好きですね。
アラヤのADX-1とかも好きでしたが。
ただ、テンションは「なるべく」高いほうがいいと思うので、リムとスポークのバランスは考えたほうがいいと思います。
MAVIV・CXP-22の無し地リムでプレーンスポークの28本組みは役に立たなかったしな・・・。
スポークのテンションが低くてコーナーリング中にたわむホイールなんて勘弁して欲しいです。
[PR]
by umezo-cyclista | 2009-02-25 00:46 | ロード
<< 手組みホイール・続 洗浄 >>